Profile

プロフィール

双子を高齢出産した双子ママ。出産後、子供が可愛く思えなくなり、体調を崩していたが、美力学®を学んでから、元気ママに大変身。双子育児を楽しめて、心から美しく健康になれるコツを伝えています。

About

小松 紀子(こまつ のりこ )

日本心理美容カウンセリングアカデミー福井支部長
訪問サロンはっぴー オーナー
多胎児サークル ツインず代表

ツインず と はっぴー の想い

高齢で双子を早産。双子育児は、想像以上に過酷で、サポートを受けていましたが、体調を崩しました。思い描くように育児できない自分を、母親失格と思うようになり、子供をかわいいと思えなくなっていきました。

このままではダメだと思い、日本心理美容アカデミーで美力学®を学びます。
美力学®︎を学んで感じたことは、出産前から学んでいたら、育児の向き合い方が変わっていたということ。

双子育児の過酷さに上乗せされる「育児以外のストレス」は、学んでいたら、緩和されると思いました。
妊婦さんにもママさんにも、美力学®︎を伝えたいと思い、心理美容カウンセラー®︎を取得します。

私自身、双子育児のことを話せる場所があってとても励まされたので、福井市内で多胎児サークルを始めました。今は全国のママと繋がれるように、オンラインも活用しています。

高齢出産だったので、歳を重ねても、身体も心も健康でいたいという思いは強くなりました。ママさんの心と身体を癒したいと思い、心理美容セラピスト®、美腸活セラピスト®、五行ファスティングトレーナーを取得。
心と身体の整った自立しているママになってもらえるように、訪問サロンはっぴーを始めました。

略歴

1991年臨床検査技師免許取得
2007年6月双子を妊娠。切迫早産で自宅安静が必要になり、仕事を退職
2007年10~11月区のマタニティセミナーへ参加。公共の交通機関に乗って出歩けた時期
2008年1月31週、妊婦健診時に切迫流産で強制入院
33週、頚管縫宿術の予定を変更し、帝王切開で出産
1338g(極低出生体重児)と1596g(低出生体重児)
出産10日後、私だけ退院
2008年2月40日間の入院を経て、双子たちが退院
2008年8月頃~体調を崩す
2016年8月~日本心理美容カウンセリングアカデミーの入門編・体感プログラムを受ける
・自分のやりたいこと、挑戦したいことが見つかる
2016年St.Flair DNA 栄養学カウンセラー資格取得
2017年Education Advisor 取得
一般社団法人分子整合医学美容食育協会 2級マイスター資格取得
心理美容カウンセラー®取得
・体調不良が改善し元気になる。美力学®の心と身体が繋がってることを体感する
 食べた物で体は作られると食育の大切さを感じる
2018年7月多胎児サークル ツインず開始
・双子ママさん同士の繋がる場所を作って美力学®を伝えたいと思い始める
2018年心理美容セラピスト®取得
・心と身体の両方を癒せるヒュアラトリートメントに魅了
2019年4月日本心理美容カウンセリングアカデミー 福井支部
移動型サロン はっぴー 開始
・自分をケアする時間がないママさんに癒しを届けたいという思いで訪問エステを始める
2019年美腸活セラピスト取得
五行ファスティングトレーナー取得
・内臓美と健康美を維持するために、デトックスは、現代の食生活を送る中で必要と思い始める
2020年日本心理美容カウンセリングアカデミー
心教養学科 プロトレーナー取得
・子供の心を育てるために大切なことは、ママが自分の心を育て、ママの心が自立すること。ママの心の教養を育成したいと思い取得。
2021年日本心理美容カウンセリングアカデミー
心教養学科 プロトレーナー育成講師を取得
・心を育成する人を増やしたいと思い取得。

双子育児をされている方へ

双子を妊娠しているとわかった時から
喜びよりも、驚きと不安の方を大きく感じていました。

無事に育つのだろうか?
帝王切開、大丈夫だろうか?
同時に泣いたらどうしたらいいんだろう。
授乳は?
お風呂は?

双子が退院してからは怒涛の育児が待っています。
寝る時間がない、
1人を泣かせっぱなしになってしまうことが辛い…。
しょっちゅう授乳とゲップをしてるような感覚。
2人を同時に抱っこしたくてもできない!
やりたいのにできない壁を大きく感じることがたくさんありました。

ありがたいことに、私は姑さんと実母にたくさん支えてもらいました。
そのおかげで、不安や悩みは少し解消されていたと思います。

でも、助けてもらっているにも関わらず、
子供が1人だったら、この授乳のあと休めるのに…、
子供が1人だったら、、、と何度も思ってしまい
母親失格って思ってました。

双子育児にみんなクタクタになってました。

双子育児には特有の悩みがあると感じています。

だから、1人で抱え込まないでくださいね。
頼ることは、悪いことではありません。
頼ることは、双子育児の当たり前の環境です。

みんなでチームになって
双子育児をサポートしているイメージを描いてほしいです。

大変な時期は、延々に続くわけではありません。
良かったと実感できる日がやってきます。

双子ママになったことに自信と誇りを持っていただきたいと思っています。
双子育児は、一部の人しか経験しないことです。
だからこそ、豊かなものにしていただけたらと願っています。

CONTACT

お気軽にお問い合わせください

お電話でのお問い合わせ

TEL090-2771-5257

受付時間:平日9:00~15:00(定休日:土日祝)

メールでのお問い合わせ

お問い合わせフォームはこちら